CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
日常的非日常な日常についてだらだらと書きなぐったブログ。
クーバな日々2016 パート1
0

    前回までのあらすじ

     

    出張中の高級焼き肉宴の直前に会社から突然の解雇通告を受けた俺は

     

    京都ばりに

     

    "そうだ、クーバに行こう"

     

    と思い立ち、とりあえず転職活動してみたものの

     

    一応会ってみた転職リクルーターに

     

    "もう、行っちゃえばいいと思います、クーバ"

     

    の強い後押しもあってクーバ行きを決行するのだった

     

    ・・・

     

    そしてアオラ en Cuba

     

     

     

    5年ぶりのクーバの空気。。

     

     

    うーん、排気臭い.... ただただくさい。。  懐かしい香り

     

     

    排ガス規制が厳格化していく現代社会で、むしろ激レア

     

     

    さて今回はサンチアゴデクーバ行ったときの話

     

     

    まあ、バスも時間が勿体無いし

     


    どうせ取れなかったので飛行機に乗ったはいいが

     

     

    忍者屋敷ばりの隠し扉から搭乗とか

     

    搭乗着前になぜかスタート地点に戻されるとか


    別の飛行機も同時に同じ搭乗口から搭乗とか

     

    クーバでまさかの1時間前倒し搭乗開始とか、


    通常の常識の範囲ではあり得なさすぎる体験の数々は割愛して
    (興味ある方はアイナマかリサスへお越しください。語り部が直接優しく語りかけますw)

     

    とりあえずサンチアゴにとりあえずつくのであった・・・

     


    五年前にもお世話になった


    ウン ドス えれがんて でおなじみの

     

    トラディショナルソンのプロフェッソーラを探すことにする

     


    といっても連絡先も家の場所もわからんし

     

     

    ハバナより小さいとはいえ、クーバ第2の都市やし

     

     

    いくらなんでもノープランで会えんやろう。。 

     

    ・・・

     

     

    と思っていたら・・・・

     

     

     

     

     

     

    なんと!マジで会いました

     


    しかも道端で  奇跡です  ミラコーです

     

     

    早速不自由なスパニッシュで会話に臨む

     


    ”ぷろふぇっそーら 又レッスンお願いします!!” (推測10%)

     

     

    あんた誰? 何を習いたいの”

     

     

    完全に覚えていない様子、且つテンション低め

     

     

    ”自分はこのソンの本場で

     

    トラディショナルソンを習いたいであります!!

     

     

    本物を習いたいんです!!” (推測20%)

     

     

    ”何、トラディショナルソン、とな! 

     

    はっはー、こいつはいいや!

     

    あんたは正しい所に来たよ!

     

    そうかそうか!

     

    トラディショナルスタイルが習いたいか!” (推測30%)

     

     

     

    5年前も

     

    町の若者がどんどんサルサ化するソン

     

    を踊るのをひどく嘆いてらっしゃったので

     

     

    ここまでは思惑通りのゲーム展開

     

     

    という事で早速レッスンをお願いした

     

     

    前回はずいぶん敗れたストッキングに下着という

     

     

    トラディショナルスタイル? 

     

     

    で目のやり場に困ったが

     

     

    今回は普通の格好の様だ・・

     

     

    と思ったら下着が透けておる・・・・ 

     

     

    デフォルトなのか orz

     

     

    まあ、そんなことより

     

     

    レッスンはずいぶん丁寧且つ熱心に教えてくれて

     

     

    ”Mac エレガンテ!! Mac ウン ドス エレガンテ!!!

     

     

    と熱が入ってきて、そのうち熱が入りすぎて

     


    ”そんな踊り方じゃダメさMac、全然ダメ!!

     


    いいかい、町のチカとあんなSONが踊りたければ、

     

     

    踊ればいいさ!! (中略)

     

     

    でもね、プロフェッショナーレならば真のソンを踊るのさ!!!

     

     

    (中略)

     

     

    お前はこのスタイルを日本に伝えるのさ!!”(推測80%)

     

     

    等とGEKIATSUでした。。。

     

     

    でも、本物のプロフェッソーラという感じで

     

     

    素晴らしいレッスンでした

     

     

     

    そのあと、メキシコでの過去の栄光の写真(ほとんど別人)

     

     

     

     

     

     

    とか、彼女の師匠のゴンザレスさんのありがたいお話とか

     

     

     

     

    色々聞かせてもらいました。。

     

     

     

    という事で、今回もサンチアゴでいただきましたソントラディショナルスタイル

     

    次回のフリスタでミニレッスンとしておすそ分けします!!

     

    詳細はこちらをちぇけらー!! 
    http://salsa363.com/mac/news/

     

    今月9月18日@銀座Las Risas ダヨ

     

     

    最後は宣伝でした〜 

    | クーバ体験記 | 08:50 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
    最近物騒
    0

      空港でまーひーぶっこいてるので



      超久々にブログでも書きなぐってみる





      最近思う事



      最近あらゆるものがオートマチック化されてきてるよね



      機械化が進んでる、っつーの?



      ろぼてぃっくす? 



      そのうち世の中が



      生産工場の中みたいに流れていくんやろな〜



      不死鳥ひばりぱいせんも歌ってました



      あ〜あ〜  川の流れのよ〜に〜  


      ってね。



      ついでに宇多田のじょうちゃんも歌ったさ



      It's automation〜〜 ♪



      自動化ですよ、じどうか



      でも、こんなよのなかだから



      ちょっと機械壊れたら総崩れにならないか心配



      ちょっと電気系統壊れて窓あかない、みたいな



      昔はぐるぐる回せばあいた窓がw



      ハンドルはなかなか取れんしねw



      ついこないだも



      機械の調子悪くて飛行機大幅に乱れとったな〜




      単純作業の仕事から順次ロボットにとってかわられてるしね



      リアルな話。



      機械に追われて生きる様にならなきゃいいが。。





      そこで思う訳



      そんな今の世の中に必要なのは



      こんな感じではないでしょうか






      なんて


      たわいもない話



      アディおーす!













       
      | 珍闘記 | 11:43 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
      時を止めるスタンド使いになった気分になる話 実話です
      0
        <閲覧注意!!>
         
         
         
        ある日のこと
         
         
        とある会場でひょんなことから知り合った某社Aの担当の方
         
         
        同僚のセールス担当せーるす君
         
         
        その場で軽く話しているうちに盛り上がり
         
         
        じゃあ是非ミーチングを!
         
         
        という流れになる
         
         
         
         
        そして時は過ぎ
         
         
         
        ミーチング当日
         
         

         
        せーする君と
         
         
        某社Aが入っている某ビルの受付ロビーで待ち合わせをし
         
         
        無事合流。 受付を済ませる
         
         
         
        どうやら結構な数の会社が同居しているところらしいビル
         
         
        人の出入りが激しい
         
         
         
        ちょっと早く着きすぎた我々は
         
         
        会社の情報全然書いてないよね、スゲー探したよ
         
        名刺に電話番号も書いてねーし
         
         
        なんて会話をたしなみながら
         
         
        待つこと5分
         
         
         

         
         
        向こうからこちらをうかがいながら
         
         
        あっ、どうもです
         
         
        って感じで腰低く近づいてくる控えめな男を発見
         
         
        とっさに、
         
         
        こんにちは!今日はよろしくお願いします! シャキっ” 
         
         
        夜のお仕事で鍛えられた愛嬌で返す
         
         
        うん、ビジネスは最初の挨拶が大事やしね
         
         
        と、教科書通りの自分に酔いしれる
         
         
        せーるす君も俺の反応の速さに若干戸惑っているご模様
         
         
         
        さて、某社Aのオフィスに行く間
         
         
        せーるす君が他愛もない会話で場をつなぐのだが、
         
         
        聞くに我々を案内に来たこの控えめな男、
         
         
        会社入って間が無いらしい
         
         
        会社のこと聞いてもあんまり知らんし。
         
         
         
        ”御社は10階でしたよね?” 
         
         
        ”いや、うちは18階です。” 
         
         
        ”あれ?10階にもありますよね?御社”
         
         
        ”あ、もしかしたら、ミーティングスペースが。。 ちょっとまだよくわからず。。”
         
         
        ”でも、18階眺めがよさそうですね〜”
         
         
        なんて話してたらオフィス到着。
         
         
        会議室に通される。
         
         
        カバンを置き、担当の方がいらっしゃるまで待っていると
         
         
        何やらえらいさんと茶が出てきた
         
         
         
        ”はじめまして!XXXのMACと申します。”
         

        いや〜いいオフィスですね〜、景色も良くってなんていいながら
         

        これまたビジネス教科書通りの名刺交換を完璧にこなし
         
         
        無事着席
         
         

        とりあえず出てきた茶をすする
         
         

         
        先方のえらいさん ”本日はどういったご用件だったでしょうか。”
         
         
         
         
        ・・・
         
         
         
         
        いやあなた、どうしたもこうしたもないべよ!
         
         

        あんだけ、新しいプランで盛り上がったじゃんかよ〜
         
         

        おたくのシャインさんと!
         
         
         

        と言いたいのをぐっとこらえていると
         
         
          
        同僚のせーるす君、名刺を眺め
         
         
        ”はて?御社は・・・??”
         
         
         
         
        そして気づくのだった
         
         
         
         
         
         
        違う会社来てモータ  
         
         
         
         
        | Salsa | 19:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        ボニンブルーに魅せられて〜 第一話 離岸
        0
          さて、夏です。


          ここに素潜り解禁を宣言します!!!!


          ということで、8月に入り


          自分を上げるために、ついに筆を執りました!!


          書く書くと言って早一年・・・ (←書く書く詐欺)






          あなたの(そして主に俺の)旅心を刺激しすぎるマガジン 



          ボニンブルーに魅せられて 〜第一話 離岸 
          悲しみも汚さも東京湾に捨てて・・・





          俺は朝早く


          竹芝桟橋の乗船待合所でじっと瞑想していた






          午前九時



          そう、出航の時をじっと待つ


          古くはコロンブスも、


          きっとかの様な心持だったに違いない


          興奮さめらやなかったが


          をれは小笠原のエキスパート


          そうやすやすと興奮を表に出してはなるまい。。


          そう言い聞かせじっと目を閉じて


          その時を待つのだった


          そして出航の時・・・







          あれがこれから乗り込む豪華客船、小笠原丸・・・ ゴクリ


          何年たっても、この興奮はさめやめらない





          いざ乗船!!!!  タイムマシン的な


          船内はそれなりに広い





          中央のらせん階段


          そして、2等豪華客室 通称雑魚寝部屋




          俺ともなると 準備も完璧なのである






          そしていよいよその時が・・・


          ドラムの音が鳴り


          搭乗口が閉まる。。。



           

          そしてその時は来た




          ぶおーという汽笛とともにゆっくりと船は離岸





          これこそが船の旅の醍醐味・・・




          ああ、俺は旅に出るのだ・・・ という心境になるのである




          岸からこっちにお見送りの人が手を振っているので



          ついついこっちも手を振り返す















          その後船はゆっくりとしたスピードでお台場を超え、








          やがてキリン(川崎付近?)につくのでした・・ 







          海は私の心のようにどんより






          どれくらい時間が流れただろうか


          ・・・




          気づいたら俺は



          甲板の上で居眠りしていた




          続く

           
          | Salsa | 02:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          明日はメレンゲフェスティバル@銀座ラスリサス
          0
            いよいよ明日は!!



            メレンたこ焼きフェスティバル@銀座ラスリサス!!!



            最近食い物ばっかりですが。。



            フリースタイルナイトにふさわしい、



            フリースタイルたこ焼き焼き放題!!



            オレの具材を食してみろ!!!



            という猛者は、具材もって是非リサスにかもーん


            (たこ焼き具材のみ持ち込み可)


            たこ焼きベーシックはこちらで用意いたします。


            ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

            Free Style Night! Vol.74 〜メレンゲ&たこ焼き Festival〜

            ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

            ❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆
            日時:7月19日(日) 19時〜
            場所:銀座ラスリサス
            料金:レッスン+Party ¥2500 w/1d
            Partyのみ ¥1500 w/1d
            ❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆❆

            気楽に音楽とお酒とダンスを楽しむパーティー!!
            初心者一人でも気楽に楽しめる場を目指してます〜。
            是非気軽にお越しください〜

            影のメレンゲ愛好家に朗報!
            今月も勝手にメレンゲフェス!第二弾ということで、
            メレンゲのミニレッスンあり、メレンゲも大目にかかります。
            リズムに乗って踊るメレンゲを覚えれば、メレンゲ好きになる事間違いなし!

            メレンゲは休憩時間と豪語するそこのあなた!メレンゲ好きになって、
            クラブでかかるすべてのジャンルを踊り明かすようになりませんか。

            しかも!!! 今回はたこ焼きつき!
            好きな具材を持ってこようね!(たこ焼きベーシックは用意します。)
            フリースタイルで行きたいんだ!サルサもたこ焼きも!


            ♬♬♬ DJ陣 ♬♬♬
            ・DJ Matsushi
            オーナーDJ。実はメレンゲ好き!
            ・DJ メレン芸 Mac
            サルサを初めて3か月、主にメレンゲのみを踊っていた男。青春をささげた懐かしのメレンゲもかけます!!

            ♬♬♬ 無料ミニレッスン ♬♬♬
            メレンゲ!

            ♬♬♬ タイムスケジュール ♬♬♬
            19:00 - 19:30 無料お試しレッスン
            19:30 - 20:30 フリースタイルサルサレッスン
            20:30 - DJ Time (DJ Matsushi & DJ Mac)
            21:30 - 無料ミニレッスン メレンゲ by Mac(メレンゲ愛好家)
             
            | Salsa | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            第三日曜はフリースタイルナイト!
            0
              笑顔が素敵な神接客のファミマの店員さん



              最近見ないなーと思っておりました



              彼女がいないだけで、何かお店の活気が落ちたような



              そんな彼女を今日久々に見たっ






              いつもありがとうございます〜♪



              ” あ、パスモで・・ ”



              はいっ ピッ




              パスモまいりまーす♪



              ・・・



              笑い死にさせる気かー!!!ww




              さて告知です!



              来る7月19日はフリースタイルたこ焼きナイト!!



              あ、フリースタイルなのはサルサとたこ焼き?ですww



              たこ焼きベーシック具材は持っていきますが、



              その他は持ち込みしてねーー!




              写真はシュークリームww





              そしてその日は勝手にメレンゲフェスティバルでもあります!!



              メレンゲ好きで肩身の狭い思いをしていたそこのあなたっ!!!



              集合―!!!!



              メレンゲが多めにかかるので、是非踊りに来てください〜〜!!



              無料メレンゲレッスンありっ



              フリースタイルサルサレッスンは19:00〜 2500 yen  /w 1drink + Takoyaki



              パーリーは 20:30〜 1500 yen /w 1drink + Takoyaki



              ばいらっ 
              | Salsa | 14:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事
              妄想トレンにてふと思ふ
              0
                ひょんなことから


                Nozomi super express にのっておるのだが



                わかってしまったことがある。。



                薄々気づいていたが


                東京発で


                名古屋、神戸と用事があるばやい


                名古屋に二泊までなら


                乗車券一枚で途中下車のが安い。。。



                例: のぞみ 指定席

                東京、新神戸間を名古屋で二泊までする場合。


                乗車券、特急券別 購入
                東京ー名古屋 4630、 名古屋ー新神戸 3980 乗車券 東京ー新神戸 9290 = 合計17900

                乗車券、特急券を一緒に購入してしまうと。。

                東京ー名古屋 10890 、名古屋ー新神戸 7980 = 18870


                今までは本能でこんな感じで買っていたが


                正しかったことが実証された!!


                って常識??
                | 珍闘記 | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                三文の鳥
                0
                  今朝、猛烈に早起きし
                   
                   
                  とある神の裁きを待つ。
                   
                   
                  そして
                   
                   
                  ついにその審判の時・・・
                   

                   
                   
                   
                  博士お答えは・・・・?
                   
                   

                  ノ――――!!!!
                   
                   
                  とはならず、ギリギリセーフ。
                   
                   

                  たとえるならば、レッドカードを出された後に
                   
                   
                  猛抗議したら、何とかイエローを出しなおされた、
                   
                   

                  そんな奇跡
                   
                   

                  とでも言っておこうか。。 この感動は伝えきれまい。。
                   
                   
                   
                   
                   
                  さて、そんな朝一の裁判後
                   
                   

                  鳥取へと向かう

                   
                   
                  人生初

                   
                   
                  とある人から、
                   
                   
                  ここから先はすごいディスカッションになるから
                   
                   
                  どうしても来てくれなきゃ困るっ!
                    
                   
                  頼むよ〜と、泣いてすがられたのだ
                   
                   
                  そんなこんなで、ゲットバードプリフェクチャにいるのだが・・
                   
                   

                   
                  現在・・・・
                   
                   


                  なぜか、意味わからん変なチームビルディングというか
                   

                   
                  カウンセリングに参加させられている・・・


                  鳥取で!!!


                  (仕事関係なしっ きりっ)

                   
                   

                  話の展開も全くわかぬまま・・・
                   
                   

                   
                  そりゃそうさ、何の説明も受けてないからね
                   
                   
                  テッキーな話をしてよっ、って言われただけだしね
                   
                   
                  ミーティングの情報をフォワードされたのに
                   
                   
                  開催場所:鳥取
                   
                   
                  しか書いて無かったよね
                   
                   
                   
                   
                  ざっくりか!!!!
                   
                   
                   
                  飛行機乗る直前まで気づかなかった俺も俺だが



                  さすがのミスターポジティブの俺も
                   
                   
                  飛行機乗る前に猛烈に不安になったさ
                   
                   

                  下手したら かのGetBird Sand Hill
                   
                   
                  ラクダに乗る羽目になっとったわ
                   
                   
                   
                   
                  そしたらひこーき乗る直前に前の前に張本人発見!!
                   
                   

                  ちょっと安心した、


                  あの時が懐かしい・・・

                   


                  なんで今


                  ”いいですか〜、仲間の 意見には否定的にならずに


                  まずは聞いてみる事が大事です〜


                  思ったことはポストイットに”


                  とか事やってるんだ?? 
                   


                  出張続きで、ジャーマネの承認もやっとゲットしたのに・・ 
                   

                  なぜこうなったか全く意味わからず・・・
                   


                   
                  これ、じゃーまねにどう報告しようか。。。
                   
                   
                   
                  そんなカウンセリング中に
                   
                   

                  俺を誘い出した当の本人の同僚(同じくカウンセリング中)が
                   
                   

                  めんごっ
                   

                   
                  って軽いジェスチャーを送って来る・・・
                   
                   
                   
                   
                  いや、まじで困るよお宅・・・
                   
                    
                   
                  そうは言いながら、
                   
                   

                  はい!はい!っと
                   
                   
                  全力でカウンセリングアクティビティーに参加


                  してしまう自分のsagaが悲しい

                   
                   


                  さて、そんなこんなで
                   
                   
                  ○一日時間を無駄にした俺は
                   
                   
                  悔しいので記憶に残る旅にしようと
                   
                   
                  例のスナバ行ってみる
                   
                   
                   
                  キターーーーーー!!!
                   
                   
                   
                  東京からキタ(一般の)お客さんと考えましたっ!
                  自信を持って張り出すところがシュール


                   


                   
                   
                  そして・・・
                   

                   
                  ついでにスーパーはくとキタ――――――!!!!
                   
                   
                   
                  これで元は取ったかな
                   
                   
                   
                   
                   
                  | 珍闘記 | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  続・ブラックジャック新美(仮称) そして旅立ちへ
                  0
                    前回なぜか大反響!という事で続編です



                    前回までのあらすじ




                    カトちゃん風のブラックジャック


                    いとも簡単に、そして確実に


                    俺の半年にわたる
                    腰の不具合を直してみせたのだった!


                    い、今まで前屈して戻したら


                    必ず何かに引っかかる感じてチクッという
                    痛みが走ったのが、


                    いきなりそれがなくなっとるのです!!



                    こりゃ、


                    お化け信じない俺だって信じるっちゃ!!!


                    事件は今ここで、


                    現場でおきとるのです!!!


                    実際痛みはまだあるが、痛みの質が変わったというか


                    少なくとも一番嫌だったチク痛がもうそこにはない。。


                    希望がうまれたとです。。


                    お、恐るべしカトちゃん。。



                    ”おたくねー、神経が乗っ取ったから

                    動かしただがん”


                    なんかブツブツのっとるわ〜って言っとったんは神経ね・・・



                    ”あんたこれ、どーやって修行するか知っとるー?”


                    おもむろに聞くメシア



                    ”これね髪の毛、辞書に挟んで上から形を指先でなぞって、


                    反対の手で鉛筆でその形を書いてくんだわ


                    3年半の修行だわ、このおじさん”





                    マンガかっ!!




                    と、


                    さっきまでの俺なら突っ込んでいただろう。。



                    すでにブラックジャックワールドに引きずり込まれた俺は



                    プロ野球選手の話を聞く少年の様



                    前のめりだった。。




                    すると彼はブツブツ言いながら施術を続ける。。



                    昔から何度も負傷して爆弾を抱える左膝の皿を


                    持って引っ張る様な
                    何かをする


                    何故そこがおかしいとわかったのか?



                    その頃俺はすでにカトちゃん信者



                    彼の発する、数々の胡散臭い話


                    すべてミラクルなノンフィクションに聞こえ始める。。


                    五十肩、坐骨神経痛、偏頭痛・・・


                    脳梗塞の人の後遺症を直した話。。(割愛)



                    "まあ、東京にいる7割、8割の整体師は


                    この類の腰痛直せんよ。  針でも治らんでねー"



                    らしい。。。



                    そして背骨を見て


                    ”あらあら随分曲がっとるがねー。


                    はい一番  ぼきぼき


                    二番  ぼき


                    3番、あ、これちょっと痛いよ  ゴキっ”


                    そしてそしてしまいにゃ


                    "あんた右肩回らんでしょ"


                    と言い出す始末。。


                    確かにいつも潜り系の技とか右肩が上がらんために苦労を重ねてきたが


                    触ってもないのにわかるなんて!!!


                    おもむろに彼は肩の周りとか肩甲骨とかなんかゴキゴキして


                    どお?まー行くでしょ



                    ごくり。。。


                    右肩の可動範囲が広がっとる。。


                    極め付け


                    ”目〜じゅうけつしとるがね。

                    知っとるー?めのじゅうけはね、ブツブツ (割愛)

                    ちょっと痛いよー  ほいっ



                    こめかみ辺りをゴリゴリめちゃ痛い事され


                    なんかわからんが、気分爽快。。


                    後で気づいたのだが


                    目の充血も、まじで直ってた・・・




                    さて、


                    こんだけやってもらってお代は


                    頑張りましたー、驚きの3500え〜ん



                    しかも、父親にお世話になってるという理由で


                    一円たりとも受け取り拒否




                    東京ではありえない・・・


                    というか東京ではこの類



                    詐欺師の匂いしかしない・・・



                    田舎にはこんなお方がいるのかー


                    っていうか、そういやーそーだったなー、と


                    長年の大都会の生活で


                    随分と古き良き日本を忘れておった




                    別の生態系を思い出した話

                     
                    | 珍闘記 | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    ブラックジャック新美 出会い編
                    0
                      今回から数回に分けて小説風に実体験を語ります!!!


                      第一話 出会い



                      俺は実家へ向かう車を走らせていた




                      思い起こせば半年前



                      ぎっくり腰を患ったのち、そのまま無茶をしてからというもの



                      腰痛が慢性化してしまい



                      胸の動きをするだけで腰に響いて



                      踊りも男も小さくなってしまっていた。



                      実はかねてより風の噂でこう聞いていた。



                      田舎付近で、肉体労働にいそしむ老人相手に



                      完璧なまでの施術を行い



                      感謝されまくっては、次の町へ消えていく漢がいる、


                      と。



                      そして人は敬意を込めて彼をこう呼ぶ。



                      整体界のブラックジャック



                      又の名をメシアと!!!(主に俺が呼ぶ)





                      さて、そんな自分の状況を打破すべく



                      わらにもすがる思いで親に連絡し



                      今回ついに接触に成功、施術を受ける事にした。




                      おとん曰く、



                      ”整体やらはりやらあちゃこちゃ行って、俺えもどーにもならんかったけどねえ


                      新美さん(仮称)にかかりゃ、一発だわ”



                      らしい。 そもそも胡散臭い話だが。




                      さて実家について待つこと数分・・



                      ついにそのゴッドハンドが現れる



                      加藤茶と志村けんを足して二で割った風貌



                      胡散臭さ全開だ。。。



                      バーチャル金のネックレスが見える気がしてしまう風貌だ。。


                      ・・・



                      あかん、だまされた



                      正直こう思った。



                      ブログのネタだわこれ、 的な第一印象。




                      ”で、どうしたの?”



                      どぎつい三河弁で話し始める話し方も輪をかけて胡散臭い。



                      こっちも三河弁と尾張弁のバイリンガル



                      そこは応戦する。



                      ”半年前ぎっくり腰やっちゃって。。


                      それからずっと腰がいたいもんでね〜、ど〜にもならんだわ”



                      ”どれ、みたろかしらん、横になってえ〜”



                      ・・・


                      触診する事2分




                      大体わかった



                      (うそつけー!!) ← 俺の心の叫び



                      ”東京でどっか診てもらいにいったの〜?”



                      ”針とか整体とか。全然直っとらんけどねえ”



                      ”だろうね〜”



                      なにかすべてを悟った風のこのおじさん、



                      こうやってみんなだまされていくのか。。



                      ”お宅ねー、これ坐骨神経痛っちゅーだわ”



                      なんと。



                      痛みの正体はそれか。



                      なるほど、確かに前針行った時も



                      腰よりももっと下が痛むんですね〜なんだろうね


                      なんて言われたが、


                      その針師でも全く痛みも取れなかった経緯がある。




                      するとゴッドハンドは足の甲からマッサージらしき事を始める



                      ”腰が痛いときに腰付近のみやるのは三流”



                      らしい。



                      何かぶつぶつ言いながら怪しげに足をマッサージする彼。



                      そして問題の腰を軽くマッサージすると



                      ”はい、ほんじゃ行くよ。



                      っんヴぇあっ えいっ、った! やいっ!



                      これまた怪しげな掛け声と共に何かをした。



                      ”ほい、 立ってそってみて。 ”



                      そんなんで直っとったら、整体いらんわっ



                      すべてが胡散臭いわ〜この人。。




                      ・・・・ ゴクリっ




                      な、直っとる。。。。



                      そしてそのブラックジャック新美は



                      当然と言わんばかりに



                      腰にとどまらず体のあちこちを直し始めるのだった




                      つづく
                       
                      | 珍闘記 | 12:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - |