CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
日常的非日常な日常についてだらだらと書きなぐったブログ。
<< 次回のフリスタはクリスマッスルナイト!! | main | 毎度どうも。 まだ引っ張ります。 >>
I will fight! Fight for freedom of expression!
0

    またこのネタで申し訳ない。


    が、誰かが問題提起しないと


    全世界10万人のサドルレスラバー達が



    サドル難民と化してしまう。。



    彼らの思いを代弁すべく筆を執る事にしたのだ。。




    時は先週末、数寄屋橋交差点付近。


    パライソへのレッスンに向かっていたところ


    またしても俺のユニークなチャリのいでたちのせいで


    ひともんちゃくあり、レッスンに若干遅刻してしまうのだった(遠い目)


    はい、いいわけです。




    その時の事


    例のごとく


    後ろから猛スピードで追っかけてくる


    ビシクレータブランカの気配に気づく。


    また保安官だ。


    どうやら数寄屋橋の交差点の交番から


    緊急発進(スクランブル)したとみえる。


    その保安官


    まだ若く、端正な顔立ちではあるが


    田舎から出てきたらしく


    若干のアクセントが抜け切れず


    シティーボーイとは言い難い





    若保安官” あの〜、 サドルが・・・”

    俺(間髪入れず) 

    ”道路交通法上、何か問題でも? キリっ




    若保安官” いや、ないんですけど。。 あの危ないので・・・”


    俺 ”危ない? 


       あなた、サドルレスに乗ったことあるような言い方だけど、

           歴はどれくらいですか?


    と、突っ込んでやりたかったけど心の声にとどめといた。





    若保安官 ”あと、不審者っぽく見えるので”





    俺 ”・・・ちょ、ちょっと待ってくれよセニョール!

    俺をどっからどう見たら不審者に見えるんだよ!!”


    あ、これも心の声。



    結局例のごとく自転車登録を確認され、


    無事釈放。



    全世界の健全なるサドルレス市民守るべき立場にもかかわらず


    保安官の前でまったく無力な俺


    別れ際に言い放ってやったさ。


    警察もサドルレスにしたら、足腰きたわりますよ”



    さて、気づいたのだが


    サドルレスが不審者に思われるなら


    サドル部をアクセサリーの一部ととらえて


    まったく新しいビジネスを展開できないだろうか


    そう、デザインサドルチャリの誕生である。


    今年はデザインサドル元年!!!


    開発コンセプト


    おしゃれは尻元から



    第一弾: 作品名 "See you again"


    お気に入りのバーのカウンターの座り心地が良すぎて


    おうちに帰りたくない・・・








    そんな時はこちら。






    流線型の流れるフォルムで気分はパリジェンヌ。


    いつでもどこでも


    バーのくつろぎがあなたを包みます




    あ、一回やりたいねサドルコレクション。


    通称サドコレ


    | Salsa | 11:53 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
    自転車のサドル修理を、日曜日に立ち会っていました。
    遊び心の、豊かさと、自転車のカッコ良さに、感激しました。
    ブログも面白かったです。
    また踊りに行きます。宜しくお願いします。
    | 森田 | 2013/12/02 5:18 PM |









    http://brog.salsa363.com/trackback/305